最新の転職事情に感想

厚生労働省は8日、転職者の実態調査結果をまとめた。この1年間に転職してきた労働者がいる事業所は約7割で、中小企業は「即戦力」の転職者の採用を、新卒者よりも優先している実態が分かった。

 調査は昨年9月、労働者30人以上の民間企業から抽出した約6700事業所を対象に実施。転職者のいる事業所は全体の71.7%。正社員のうち転職者は5.4%で、20~30代が6割以上。今後の採用予定では、1000人以上の事業所は「新卒者を中心」が58%を占めたが、それ以外の事業所は「積極的に転職者を」と「新卒よりも転職者を優先」の合計が「新卒者を中心」を上回った。

中小企業には、新卒者を教育しているほどの余裕はない。ということでしょう。当然と言えば当然だなぁ。しかし、これからの少子化時代、いったいこの日本はどうなってしまうのだろう。。
大企業でさえも、新卒者採用が厳しくなっていくのではないだろうか。となると、大企業も将来的には「即戦力」と求める傾向になりそうな気がする。となると、中小企業はどうしたらいいんでしょう?やはり外国人労働者に頼ることになるのかなぁ。。。


 一方、正社員転職者のうち、前職も正社員の人は76%。パート、契約社員、派遣労働者から正社員に登用されたのは計19.4%にとどまった。

正社員への登用はなかなか進みませんね。企業にとっては厚生年金の負担も決して軽くはないでしょうし、なるべくなら非正規雇用者を志向する傾向にあるのでしょうか。まさに格差社会を象徴する数値かもしれない。 


正社員転職者の前職勤務期間は5年未満が62.6%。転職で給与が増えたのは38.9%、減ったのは37%。40歳未満では「増えた」が「減った」を上回ったが、40歳以上は逆だった。離職は「自己都合」(79.6%)が最多で、理由は「会社の将来に不安」「仕事内容に不満」「労働条件が良くなかった」などだった。

転職するなら40歳まで?いや、実際はもっと厳しいんだろうなぁ。。
長い目で見れば、人手不足は明らかな傾向でしょうから、将来的にはそんな厳しくもないのかもしれないが、既に30代以降の人にとっては、転職で給与が「増える」なんてことはないかもしれない?

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by shin1sa | 2007-08-09 03:11  

<< 浜崎あゆみ 長瀬智也のイニシャ... ルーマニアがメニーメニー >>